小児歯科・マタニティ歯科

child− お子様も、妊娠中のお母様も健康なお口に −

大切なお子様の歯、お母様、お父様はどうにか虫歯から守ってあげたいと思われることでしょう。しかし子どもの乳歯は大人の永久歯よりやわらかいため、虫歯になりやすいという特徴があり、適切なケアが必要です。

お子様も、妊娠中のお母様も健康なお口に

京都市南区の歯医者「ヤスダ歯科クリニック」の小児歯科では、“永続性〜longevity〜”をコンセプトに、お子様の大切な歯を末永くお守りするサポートを行っています。また妊娠中のお母様は、マタニティ歯科にて診療が可能です。お子様もお母様も、当院でお口の健康を守っていきましょう。

お子様の歯を守る小児歯科

  • 子どもを虫歯にさせたくない
  • 虫歯になっていないか心配
  • 子どもがブラッシングを嫌がる
  • 正しいブラッシング方法を身につけさせたい
  • 永久歯への生え替わりが気になる

お子様のお口について、気になることはありませんか? 子どもの乳歯はいずれ生えかわる歯ですが、だからといって虫歯になっていいことはありません。なぜなら乳歯の虫歯は、永久歯まで虫歯にする原因になったり、正しい生え替わりを阻害したりするリスクがあるからです。

当院の小児歯科ではお子様の虫歯治療はもちろん、虫歯の予防処置を行っています。お子様の歯を守るには、ご家族の方のご協力が欠かせません。一緒にお子様の歯の健康を守っていきましょう。

お子様の虫歯予防

お子様の乳歯は虫歯になりやすい上に、虫歯になると進行も早いのが特徴です。そこで、虫歯にならないよう予防することが大切です。当院では医院で行う予防処置だけでなく、ご家庭でもフッ素を利用されることをおすすめしています。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布する処置です。虫歯菌への抵抗力を高め虫歯になりにくい歯にすることができます。定期的に行うことで、予防につながります。

ご家庭でのフッ素の利用

フッ素は歯に作用させることで、虫歯菌への抵抗力を高めて虫歯になりにくくすることができます。生涯を通じて利用することがおすすめですが、とくに虫歯になりやすい子どもの時期に使用することで大きな効果が期待できます。歯科医院で扱う濃度の高いフッ素塗布と併せて、ご家庭でもフッ素入りのブラッシング剤などを積極的に利用しましょう。

シーラント

シーラント

奥歯にある深く複雑な溝には汚れがたまりやすく、さらにブラッシングがしにくいことで虫歯になりやすいという特徴があります。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)で溝を埋め、虫歯を予防する処置がシーラントです。

妊娠中にはマタニティ歯科へ

  • 妊娠してつわりが始まった
  • 一度にたくさんの量を食べられず、少しずつずっと何かを食べている
  • 歯ブラシを口に入れるのが不快でブラッシングできない
  • 体調が落ちつかず、歯科へ行けない
  • 妊娠中に歯科治療は受けられないと思っている

「妊娠中には歯科治療を受けられない」と思っていませんか? 確かにつわりのある妊娠初期や、お腹が大きくなった妊娠後期は、歯科治療には適していないといえます。しかし安定期であれば、問題ありません。

妊娠中はつわりでお口の中を清潔に保ちにくかったり、ホルモンバランスに変化が起きたりして、お口の環境が悪化しがちです。虫歯や歯周病になりやすい時期になるため、安定期に入ったら一度検診を受けにお越しください。

妊娠性歯周炎に注意

妊娠中にかかる歯周病を「妊娠性歯周炎」といいます。妊娠性歯周炎は、妊婦中の方の歯の健康を脅かすのはもちろん、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を与えることがわかっています。歯周病菌が子宮の筋肉に陣痛に似た動きを起こさせ、早産や低体重児出産を引き起こす確率を高めてしまうのです。妊娠中にはとくに歯周病に注意しましょう。

虫歯菌をお口から減らしておきましょう~生まれてくる赤ちゃんのために~

虫歯菌をお口から減らしておきましょう~生まれてくる赤ちゃんのために~

生まれてくる赤ちゃんのお口には、虫歯菌は存在しません。ではなぜ虫歯になってしまうのかというと、実は身近な大人のお口から虫歯菌がうつることが原因になっています。

生まれてくる赤ちゃんに虫歯菌をうつさないためには、身近な大人の方があらかじめきちんと歯科治療を受け、お口の中から虫歯菌を減らしておくことが大切です。赤ちゃんともっとも接することになるお母様は、とくに注意しておきましょう。