審美治療

esthetic− もう、笑顔をためらわないために −

もう、笑顔をためらわないために

  • 口を開けると見える銀歯が気になっている
  • 前歯が欠けている
  • 変色してしまった歯がある
  • 口元の見た目が気になって、思い切り笑えない
  • 銀歯のリスクが心配

歯の見た目がコンプレックスになっているという方は少なくありません。中でも、白い歯の中で目立ってしまう銀歯が気になっている、という方は多いようです。こういった見た目のお悩みは、審美治療で解決できます。

京都市南区の歯医者「ヤスダ歯科クリニック」ではセラミックを用いて、お口の見た目を美しくしながら機能を正しく回復させる審美治療を行っています。もう、笑顔でためらわないために、審美治療で永続的に美しい口元を手に入れませんか?

見た目のお悩みを解決する審美治療

見た目のお悩みを解決する審美治療

審美治療は、セラミックなどを用いて歯の見た目を美しく整える治療です。セラミックは一人ひとりの歯の白さや透明感を再現できる素材であるため、まわりの歯との違和感が生じず自然な仕上がりを得られます。

またセラミックは美しいだけでなく、耐久性が高い上に体にも安全であるというメリットがあります。近年では銀歯が金属アレルギーの原因になることもわかっており、健康のためにもセラミックを選ばれる方が増えているのです。

銀歯のリスクを知りましょう

銀歯には、さまざまなリスクがあることがわかっています。

白い歯の中で
目立つ
金属アレルギーの
原因になる
歯ぐきを
黒ずませる
銀歯は白い歯の中で目立つため、口元を気にして消極的になってしまうという方もいます。 銀歯は経年によって唾液の影響で溶けて金属イオンとなり、体内に取り込まれることで金属アレルギーを引き起こすことがあります。 金属イオンが歯ぐきに影響し、黒ずませてしまうことがあります。

中でも近年、金属アレルギーのリスクが問題視されています。実際に、「原因不明の肌荒れの原因が、実は口の中の銀歯だった」というケースもあります。治療をしても改善されない肌トラブルがある、という方は、一度銀歯を疑ってみましょう。

当院の審美治療メニュー

オールセラミックス

オールセラミックス

セラミックのみでつくられた歯科素材であり、詰め物・被せ物に使われます。歯の自然な白さと透明感が再現できる上に強度も高く、さらに金属アレルギーのリスクもありません。

ジルコニア

ジルコニア

人工ダイヤモンドにも使用される、審美性・耐久性にすぐれたセラミック素材です。詰め物・被せ物に使われ、噛む力が強くかかる奥歯にも適用可能です。もちろん、金属アレルギーのリスクもありません。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、付け爪のような薄いセラミック製の板を貼り付けて、前歯の見た目や軽度の噛み合わせの乱れを整える治療です。前歯の欠けや変色、すきっ歯でお悩みの方におすすめです。

~折れない歯は土台から・ファイバーコアのすすめ~

~土台の重要性・ファイバーコアのすすめ~

重度の虫歯治療を行った後被せ物を装着する際には、まず土台を構築します。土台はとても重要なパーツであり、これがしっかりしていなければ上部に装着する人工歯も長持ちさせることができません。

従来この土台には金属が使用されてきましたが、金属は硬く、歯根を破折させるリスクがぬぐえませんでした。そこで近年では、グラスファイバーを素材にした「ファイバーコア」が選べるようになりました。

ファイバーコアは、歯に似た硬さとしなやかさを持つ透明なコアであり、歯根を傷めない上に被せ物の透明感を損なわないというメリットがあります。また金属アレルギーのリスクもないなど、体にも安全なことで注目されています。