インプラント

入れ歯

歯を失った場合の治療

インプラントについて

インプラントとは、顎の骨に直接チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、さらにその上から人工歯を装着させ歯の機能を回復させる治療方法のことです。チタンは生体への親和性が高いため、骨としっかり結合し自然な噛み心地が得られます。また、人工歯にセラミックを用いれば、審美性も大変優れたものになります。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラントには多くのメリットがありますが、費用や治療期間においてはデメリットもあります。当院ではこれらのメリット・デメリットをしっかりと患者様にお伝えしたうえで、じっくりとご相談を行い、インプラント治療を行うかどうかを決定しています。「インプラントにしようか迷っている」という方は、どうぞお気軽にご相談ください。

メリット デメリット
  • 天然の歯と同等の噛み心地が得られる
  • 見た目が自然で美しい
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 噛む力が顎に伝わるため、顎がやせにくい
  • 治療に手術を要する
  • 治療期間が長い
  • 保険が適用されず、治療費が高額
ヤスダ歯科クリニックが行うインプラント治療

当院では以下のようなシステムや治療法を採用し、患者様にとって最適なインプラント治療をご提供しています。

インプラント手術支援システム icat

インプラント手術支援システム icat

icatとは、インプラント治療が安全・確実に行えるようにするためのナビゲーションシステムです。シミュレーションデータや3D画像を最大限に活用することで、より安全性の高いインプラント治療が可能となります。

また、複雑になりがちな治療説明も映像を利用することで視覚的に伝達でき、患者様ご自身がどんな治療が行われるかを理解しやすくなります。

LAND marker

icatによるメリット
  • 手術の安全性の向上
  • インプラントの長寿命化
  • 治療内容を把握しやすくなる

All-on-4

All-on-4

All-on-4(オールオンフォー)とは、総入れ歯の方や多くの歯を失った方に適したインプラント治療です。インプラントを上下4本ずつ斜めに埋め込み、そのインプラントを固定源に人工歯を装着。均等に力を分配することで、すべての人工歯をしっかりと支えます。

All-on-4によるメリット

  • 抜歯・インプラント埋入・仮歯装着が一日ででき、治療したその日にものを噛むことができる
  • 食べものが挟まって痛むことがない
  • 天然の歯と同等の感覚でものを噛める
  • しっかり固定されるため会話の邪魔にならない
  • 顎の変形が少ない

ソケットリフト

ソケットリフトとは、インプラントを埋め込むための顎の骨の厚みが足りない場合に、骨の厚みを作る処置です。上顎の骨に下から穴をあけて、その穴から人工材料(骨補填材)を押入れて骨に厚みを持たせます。

サイナスリフト

ソケットリフト同様、インプラントを埋め込むための顎の骨の厚みを作る処置です。上顎の骨に横から穴をあけ、その穴から人工材料(骨補填材)を押入れ、骨に厚みを持たせます。

GBR

インプラント埋入に必要な骨が足りない部分に「メンブレン」という特殊な膜を設置し、骨の造成を促す処置です。

スケーラー バリオス

当院ではスケーラー「バリオス」を導入しており、先端のチップを代えることでインプラントのメインテナンスに使用しております。
インプラントをより長持ちさせるために定期的なメインテナンスをおすすめしております。

入れ歯について

「入れ歯」と聞くと、「見た目が悪い」「食事がしにくい」とマイナスイメージを持たれる方が多いかもしれません。しかし、昨今は見た目や使い心地のよい入れ歯が多く登場してきており、従来のようなマイナスイメージはもはや過去のものとなってきました。当院では患者様の状態に合わせて快適な入れ歯をお作りいたします。お気軽にご相談ください。

保険と自費、それぞれの入れ歯の違い

入れ歯には保険が適用されるものとされないものがあります。それぞれの特徴については以下をご参照ください。

入れ歯の種類

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯
素材・様式 素材はレジン(歯科用プラスチック)のみ、様式の選択も不可 素材・様式ともにさまざまな種類から選択可能
使い心地 やや違和感がある 違和感が少ない
審美性 やや劣る、固定用のバネが目立つことがある 歯や歯ぐきの色が自然で、入れ歯であると周囲から気付かれにくい
食事 硬いものが噛みにくい、食べものの温度が伝わりにくい しっかり噛むことができ、食べものの温度も伝わりやすい
入れ歯の種類

ヤスダ歯科クリニックが取り扱う自費の入れ歯をご紹介します。

ノンクラスプデンチャー自費

ノンクラスプデンチャー

バネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯ぐき部分がやわらかいシリコンでつくられているためしっかりフィットするうえに負荷がかからないため、硬いものでも痛みなくしっかり噛めます。また、入れ歯を使っていることが周囲にわからない自然な見た目を実現します。

フレキサイトデンチャー自費

フレキサイトデンチャー

ノンアレルギー素材である外科用縫合糸ポリアミド(ナイロン)でできたノンスクラププデンチャーの一種です。金属のバネの代わりにピンク色の部分で固定しているので審美性も優れており、比重が軽い為、装着による違和感が少ないのが特徴です。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯に磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。取り外しが簡単にできる一方、強力な磁力で固定されるため硬いものでもしっかり噛めます。また、バネを使用しないため、自然な見た目になります。
※磁石を埋め込む歯は神経を取った歯に限られます。

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

残っている歯根に内冠を、入れ歯に外冠を取り付け、茶筒のフタと同じように空気圧を利用してはめ込んで固定する入れ歯です。バネがないため見た目が自然で、安定した装着感が得られるため噛み心地に優れています。

金属床義歯

金属床義歯

床が金属でできた入れ歯です。床を薄くできるため装着感がよく、熱伝導率が高いため食べものの温度が伝わりやすいのが特徴です。また、耐久性も高く長持ちし、雑菌や汚れが付きにくく衛生的です。床に使う金属には、ゴールド・コバルト・チタンなどがあります。


ずれの悩みを解消する「フレキサイト義歯」
せっかく作った入れ歯が「装着すると痛い」「不快感がある」「安定剤をつけないとしっくりこない」などの症状があって、お悩みを抱えていたりはしませんか? 「入れ歯=合わない」という
イメージがありますが、きちんと患者様のお口に合わせて作製すれば、お口にフィットしないということはほとんど起きません。
当院では「型を取るトレーのための型」をとり、患者様に合わせたトレーを作製してから患者様のお口の中にぴったり合う精密な入れ歯をお作りしています。当院がおすすめしている「フレキサイト義歯」は厚みが薄いことに加え、従来の様な金属のツメがなく審美的にも満足いただける入れ歯です。

入れ歯のメインテナンスについて

皆様は入れ歯のメインテナンスをしっかり行っていますか? しっかり洗浄が行えていないと口臭のもとになったり、病気を引き起こす原因になったりしてしまいます。

入れ歯のメインテナンスについて

また、間違ったメインテナンスを行うことも同様に改めましょう。研磨剤の入った歯磨き粉で入れ歯を手入れすると傷がつきやすく、洗浄剤を使えば入れ歯が変色してしまうこともあります。入れ歯をメインテナンスする際は、専用のブラシで汚れを落とし、しっかりすすいできれいにすることを心がけましょう。