痛みを極力抑えた治療

歯の治療を受けたいけれど、痛みを伴う治療が苦痛だから歯医者に行きたくない・通院したくない、と思われる方はたくさんいらっしゃると思います。そこで当院では、痛みを抑えることに徹底してこだわった麻酔方法を導入。治療そのものの痛みを抑えることはもちろん、麻酔をかける段階からも極力痛みを感じさせないような方法をとっています。痛みが苦手・辛いという方はぜひ一度当院にお越しください。

ヤスダ歯科クリニックが実施する無痛治療

患者様のご負担を少しでも軽減するため、当院がこだわっている麻酔方法についてご紹介します。

ポイント1 表面麻酔

歯科麻酔の多くは局所麻酔薬を注射することになるのですが、「麻酔のための注射」そのものが痛いということが多々あります。そのため当院では、まずは麻酔成分の入ったゼリー・スプレーなどを歯ぐきに塗布し、歯ぐきを麻痺させることから始めます。

ポイント2 注射針の刺入部位

注射針を刺入する部位にもこだわります。一般的に粘膜は痛みを感じる点(痛点)が少ないとされているので、いきなり歯ぐきに針を刺さずに最初の刺入は粘膜部分を選択します。

ポイント3 針の選択

注射針の大きさにはさまざまな種類があり、歯科麻酔をかけるときは25ゲージというサイズを選択することが一般的です。25ゲージも細めの針ではありますが、最近ではさらに細い30ゲージ・31ゲージという針も発売されています。当院ではこれらの極細針を用いて痛みを和らげています。

ポイント4 注射液への配慮

注射液の温度と体温とに差があると、痛みが生じてしまいます。特に冬場は注射液の温度が下がりがち。当院では注射液を体温と同程度の温度にした状態で使用するようにしています。

ポイント5 電動麻酔の使用

歯科麻酔では、骨膜の下に注射液を注入する必要があります。そのためにはかなり強い圧力をかけなければなりません。しかし、強い圧力を一気にかけてしまうと、やはり痛みを生じさせてしまいます。当院では、電動で注射のスピードを制御できる電動麻酔を使用することで、痛みを感じにくいスピードで注射を行い、注射液をゆっくりとしたスピードで、少しずつ確実に注入するようにしています。