予防歯科

歯周病治療

健康な口腔内づくりはまず予防から

予防歯科

身近な病気である虫歯・歯周病は、原因がはっきりしているぶん予防もしやすい病気です。しかし、せっかく治療をしても再発しやすいという特徴もあります。そのため、これらの病気に対しては定期的に歯科医院へ通い、しっかりとメインテナンスを受けることが大事。「病気になってから」ではなく、「病気にならないために」歯科医院へ行く習慣をつけましょう。

定期検診の重要性

美容院や理髪店に定期的に通う方は多くいらっしゃるでしょう。では、歯医者さんに定期的に通う方はどれくらいいるでしょうか? 歯は毎日自分で歯磨きをしていれば平気なのでしょうか?

歯は毎日使うので、時間の経過と共に汚れたり着色したりしてきます。また、口臭などがあると自分自身の問題だけではなく、周囲の人に不快感を与えてしまいます。そして、口腔内の変化は自分では気を付けているつもりでも、なかなか自覚できないことが多いもの。気付かないうちに虫歯や歯周病が進行していた……なんてことも決して少なくないのです。口腔内の状態にも、髪の毛や容姿にこだわるのと同じようにもっと関心を高め、定期的に検診を受けることが大切です。

予防歯科メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

日々のブラッシングも「磨いている」と「磨けている」のではまったく意味が違ってきます。当院では患者様の歯並び・歯の状態に合わせて効果的なブラッシング方法を指導いたします。正しいブラッシング法を身に付け、適切なケアを実施していきましょう。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯の石灰化を促し、虫歯に対して強い歯を作る効果があります。定期的に塗布すると、さらに効果的です。

PMTC

PMTCとは、歯科医院にて専用の器具を用いて行う歯のクリーニングのことを言います。バイオフィルム(歯の表面の汚染物質)を破壊し虫歯を予防。歯肉炎の症状改善も期待できます。

噛み合わせのチェック

噛み合わせが悪い歯並びは、ブラッシングがしにくいという点から虫歯になりやすい環境を作ってしまいがちです。また乱れた噛み合わせを放置しておくと、全身のバランスを崩し、肩こり・頭痛・顎関節の痛みなどを引き起こしてしまう恐れがあります。定期的に噛み合わせをチェックして、異常が起きていないか調べます。

生活習慣病のチェック

虫歯・歯周病の原因はブラッシング不足以外にも、食事・睡眠・喫煙などの生活習慣が大きく関わってきます。日頃の生活習慣をお尋ねし、問題があると考えられる場合はアドバイスをしていきます。

セルフケアにプラスしてプロによるケアが重要です
毎日丁寧にブラッシングしていても、虫歯や歯周病の原因となるプラークを完全に落とすことはできません。そのため、ご自宅でのセルフケアにプラスして、歯科医院での定期検診によってメインテナンスを行い、プロによるケアをしてもらうことが大切です。
歯医者は「治療のため」ではなく、「予防のため」に通う場所という考えも徐々に一般の方にも広がりつつあります。ヤスダ歯科クリニックも同様の考えを持っている歯科医院です。患者様の長期的なお口の健康を保つために予防歯科に力を入れています。お口に違和感を覚えてからではすでに症状が悪化しているケースもあります。手遅れになる前に定期的に歯医者に通うようにしましょう。

歯周病治療について

歯周病は成人の80%以上の方がかかっている、もしくは予備軍であると言われており、歯を失う大きな要因にもなっています。歯周病が生じる原因は、歯周病菌が排出する毒素。この毒素の影響により歯ぐきの炎症・顎の骨の溶解を引き起こし、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周病は「歯を支える顎の骨を溶かす病気」であり、身近な病気でありながらも大変恐ろしい病気と言えるでしょう。

歯周病の進行状況

ヤスダ歯科クリニックが実施している歯周病検査をご紹介します。

進行段階 症状

歯肉炎

歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。

軽度歯周炎

軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

中等度歯周炎

中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。

重度歯周炎

重度歯周炎

顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

歯が抜け落ちてしまった場合、インプラントなどによって歯を補う治療が必要になります。インプラントについて詳しくはこちら

歯周病検査

ヤスダ歯科クリニックが取り扱う自費の入れ歯をご紹介します。

歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。
歯周病治療

ブラッシング指導

ブラッシング指導

おもに、ごく初期の歯肉炎に対して行います。一人ひとりのお口の環境に適した正しいブラッシング方法を指導します。
※ブラッシングは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。

スケーリング

スケーリング

比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。

ルートプレーニング

スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。

フラップ手術

中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

【再生療法】

GTR法

溶かされた顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる再生療法の一種です。歯ぐきを切開して歯石を取り除いてできた空間に特殊な膜「メンブレン」を挿入し、歯肉の侵入を防ぎながら骨や歯根膜などの歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン法

GTRと同様に、溶かされた顎の骨や歯根膜などの組織を再生させる再生療法の一種です。「エムドゲインゲル」という薬剤を歯根の表面に塗ることで歯が生えるときと同じような状況をつくり出し、歯肉の侵入を防ぎながら骨や歯根膜などの歯周組織の再生を促します。

歯周病予防が全身の健康にもつながります 
歯周病は口の中だけでなく、全身に悪影響をおよぼす可能性があることをご存じですか? 例えば血管内に歯周病菌が入り込むことで血栓ができやすくなり、動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高まります。また、歯周病菌が気道に入ると肺炎を引き起こすことも……。
歯周病の自覚症状が出始めた時には、もうすでにかなり進行している可能性があります。お口はもちろん、全身の健康を保つためにも、日頃からのケアを徹底しましょう。そして、同時に歯科医院での定期検診も受けましょう。ご自宅でのセルフケアと歯科医院でのプロケアを併用することによって、常に清潔で健康的なお口を保つことができます。